#ふりかえり実践会「スクラムガイドを読み解いてみよう」第2回のまとめ

7/19(日)に開催されたふりかえり実践会スクラムガイドを読み解いてみよう」の議論をサクッとまとめました。 retrospective.connpass.com

スクラムガイドはこちらからJapanese版をDLください。

スクラムの理論

  • 経験主義大事
  • 経験主義の対比は?
    • 予測主義
    • 計画主義(ウォーターフォールとの対比として)
      • 「いわゆる一般的なプロジェクトマネジメントは計画が予定通り進むと信仰している」
        • 信仰はキリスト教由来?笑
          • 「人月の神話」みたいな神話めいたものから来てるのかも
  • 「反復的かつ漸進的な手法」という表現について
    • 経験主義だから、予測可能性を最適化する
      • 予測できないもの、見えないものを見えるようにしていく
    • 初期のアジャイル帰納と演繹の対比で語っていた気もする
      • 結果から見るか(帰納)積み重ねで見るか(演繹)の違い
  • 「リスクの管理を行う」という表現について
    • アジャイルは「来たとこ勝負でやる」と勘違いされがち
      • 「予測可能性を最適化し、リスクを管理する」とちゃんと書いてある
      • OODAもそう
        • PDCAのように回るわけじゃない
    • ジェフ・サザーランドが元軍人なのに由来しているのかも

透明性

  • 透明性のこういうところ大事だよねってある?
    • 人間関係の透明性、働く人の透明性
      • よくわかんない人とは働きづらい
      • 腹の底がわかんない人はキツい
    • 英語ではTransparency
      • 心の内をオープンにするという意味もある?
        • Opennessに入るかも
    • 透明性とは「情報が一箇所に集まっていて、誰でも取りにいける状態」
      • 透明性、検査、適応は全部状態
        • それを担保するためにスクラムは設計されている
      • 情報が一カ所に集約され.次の行動が自然と誘発されること。
        • ツールに依存しない方法を模索しながら透明性を高めていく
  • 結果責任を持つ者」とあるが、誰のこと?
    • お金を出す人、プロダクトのドンのことでは?
      • ROIに対してスクラムチームを雇っている、決済者と言う
      • 全てが見える状態にしておかないと投資してくれなくなる
    • 大きなところと小さなところがあるのでは?
      • プロダクトのドンというのは大きなところ
      • 例えばチーム内では開発者はPOに対して見える化する必要があるように、小さなところでも言うのかも
  • 「透明性って大事だよね」って皆言うけど、「透明性があるってどういうことか?」が結構ブレがち
    • 透明性が大事だって言う人ほどドキュメントを書かないとかあるある
    • 透明性とはこれです、ってのは言いづらい
      • アンチパターンは言いやすいけど…
      • 真の透明性は、見えない状態?
        • 意識して見ている状態にあるという時点で透明ではない
        • 「〇〇さんの情報にアクセスする」という時点で違う、「チームの」が主語になる状態こそが透明性のある理想状態
          • 例えば、新しい人が入ってきたときに「ここ読めばわかる」というのは透明性があると言えるのか?
            • どうやってジョインさせるかというプロセス自体もなんとかできるはず
          • 「健康だ健康だ」という人は健康ではない
        • 見える化は人を殺せる」
          • 過剰な透明性の意識は精神攻撃化しうる
          • 心理的安全性が大事だと言って⇢強制自己開示運動がはじまる、みたいな事例も見聞きする
        • 「チームの」透明性というところが大事
          • 普遍的な透明性を追い求めると神の領域に至る笑
  • スクラムでの「標準化」ってなに?
    • 皆がこうだよね、っていう共通認識取れているということ?
    • a common standard
      • 常識になっている、共有されている?
        • ワーキングアグリーメント、Doneの定義とかに近い?
        • ステークホルダーに対しての説明
          • 自分たちのチームを取り巻く境界の外にどうアプローチをするか
          • 説明するというのは標準化のひとつ
            • 自分たちの活動でこういうことをやっています、というのを対外的にアピールする
            • アジャイルとりあえずやってみよう⇢まわりが冷めてて結局ポシャるってよくある話
              • そのときの肝は透明性
                • 興味を持ってくれる人を巻き込んでいく

検査

  • 「スキルの高い検査担当者」って何?
    • スクラムマスター?
    • QAとはまた違う文脈のはず
      • テスト的な検査は一部分にすぎない気がする
    • 検査の対象が違うのかも
      • プロセスはスクラムマスター
      • プロダクトはQA
      • この文脈ではどっちも?
        • 作成物はQAっぽい、スプリントゴールはPOなどな気がする
    • 「検査する人のスキルが高かったら検査は効果的」と言いたいのでは?
      • 検査するスキルというのが存在する、と言いたいのかも?
  • 「頻繁にやりすぎて作業の妨げになってはいけない」も大事
    • 検査はtestではない、inspect
    • ふりかえり、スプリントレビュー、リファインメントといったイベント以外の部分は作業に集中
  • スクラムフレームワークなのでユーザという表現を使っている
    • 3つのロールだけじゃなくて周りも含めてユーザ
    • スクラムは使うツールだという意識も大事
  • 「検査担当者には」チームメンバーの誰もがなり得て、誰でも同じ検査ができることが理想か?
    • 理想ではあるが、はるか遠い理想
    • 皆が同一の視点をもって検査するのは危ない
      • 別々のやり方でよい
      • チームとして最適な形になればよいのでは
      • 一方でスキルセットとして全員が同じことを実現できること自体はOKな気がする
    • 皆が同じ検査ができる状態をあえては目指さないかも?
      • 通過点としてはなろうとした方がいいが、ゴールにはなっていけない気がする
      • あくまでチームが同じ検査ができることが大事な気がする
        • チームとして同じレベルを担保できれば、AさんとBさんの持っている検査のスキルセットが違ってもよい
  • デイリースクラムは検査イベント
    • スプリント自体も検査と適応イベントと認識していた
  • スクラムの中でロールが分かれているが分かれていることの意味合い
    • 「境界はちゃんと考えておけ」
    • 越境の精神は大事だけどスクラムの中では過剰にやりすぎない
      • 人数の問題で、プロダクトじゃなくてチームの方向を向きやすくなる
      • POのようにビジネス的視点は必要、DBスペシャリストのような技術特化型スペシャリストとかはいらない
    • 個人のスキルセットとして開発・PO・SMどの振る舞いもできるというのはOKだが、チームの中で一人が全部を兼ねるのは違う
      • 役割を分けないと議論できないこともある
        • 対立構造がいいものを生むこともある
        • ビジネスと開発のバランス
        • SCRUM MASTER THE BOOK」を読んでください笑

適応

  • 「許容値を超えた時点」では遅くない?
    • そもそも許容値を持つ?
      • 持つ気がする
      • スクラムの中で実験をするが、どこまで遊ぶかを決めておく
        • 許容できる失敗ってどこまでかっていうのは置いておくべき
        • リリースまでのスパンまでのどこまでに気づけるかを許容値とする
  • 手既往していないもの、の逆を取っている?
    • 適応されていない状態というのは?
      • 立ち止まらない、デイリースクラムをしていない
        • 例: スプリントレビューギリギリでスプリントゴール達成できないと気付く
        • 例: ウォーターフォールでテスト段階で仕様決まってませんでした
      • スプリントレビューで叩いていない
        • 結果 : 言ってたことと違うことが起きる、緊急MTGが増えていく、リリースしたあとに気付く、施策が外れまくる
    • 忙しい、うちは特殊、わからんの3つは三大パワーワード
      • わからんは勉強すればいいけど、前半2つは厳しい
      • スクラムにプラクティスとかない笑
        • 「うちは特殊」という人ほど一般を知らない
          • 何と比べてるの? 笑

お知らせ

次回は8/1(土)。無言キャンセルが多いため次回より参加費100円徴収するそうです。
行けないときはちゃんとキャンセルしましょうね!